ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?4話 ネタバレ

ワシじゃー将軍じゃー

このサイトは皆のものが!

「朝でも昼でも夜でもスマホでこっそりオナニー」

が出来るように、将軍が直々に皆のために抜けるエロ漫画を厳選して紹介するぞ!

本日は!

「ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?」4話

を紹介するぞ!

巨大なおちんちんをもつ弟が姉とその友達たちにイタズラられる話じゃ!

心してネタバレを読むのじゃぞ!

▼気になるものは先回りして▼
▼下記より無料立ち読みじゃ▼
101015170_BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?※スマホ専用

 

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 4話 ネタバレ

「私も一緒に入っていいかな?」

ナオ君が自宅のお風呂に入っていると、

バスタオルを前にかけただけの姿の雪子が声を掛けて来た。

「今日はおちんちん見せてなんて言ってごめんね」

ナオ君が渚に童貞を奪われてしまった事を雪子は謝ってきたのであった。

「お詫びに背中流させて」

そう雪子は言うと、

ナオ君が椅子に座っている後ろからおっぱいを当てて来た。

「あたってるっ・・・」

「雪子さんの柔らかいおっぱいが・・・」

背中に感じる雪子の真っ白で柔らかいおっぱい。

渚と違って雪子は清楚系のお姉さん。

ナオ君はおっぱいの感触を背中で感じながら、

先ほど、射精したばかりなのに、また、股間が膨らんできた。

101015170_BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?(話追加版LP)※スマホ専用

「そ、そこは洗わなくていいですっ!」

ナオ君のおちんちんが勃起していることに気がついたゆきこは、

ナオ君の背中から手をまわし、ナオ君の勃起したおちんちんを握りしめて、

シコシコとナオ君の大きな大きなおちんちんをしごき始めた。

雪子の柔らかい指先と接見でにゅるにゅるした感触が、

ナオ君のデッカイおちんちんを更に大きくし・・・

「こんなのゼンブは言ったら・・・」

「どんな感じするんだろう・・・」

と・・・

雪子は、ナオ君を前にしてバスタオルを外し、

全裸になり、自らのおマンコをご開帳するのであった。

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 4話 感想

ワシじゃー将軍じゃー

なに?今度は黒ギャルの渚ちゃんではなくて

雪子ちゃんとチョメチョメするのかい?

しかも風呂場なんぞでヤリ追って、

ナオ君も隅に置けんな・・・

それにしても、雪子ちゃんは清楚でまたエッチとは無縁そうなのが溜まらんな。

しかも、そんな娘が友たちの弟のちんちんをしごくなぞ想像も出来んわい!

次回の展開も非常に楽しみじゃぞい!

▼無料は立ち読みは下をタッチじゃ!▼
101015170_BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?※スマホ専用