ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 3話 ネタバレ

ワシじゃー将軍じゃー

このサイトは皆のものが!

「朝でも昼でも夜でもスマホでこっそりオナニー」

が出来るように、将軍が直々に皆のために抜けるエロ漫画を厳選して紹介するぞ!

本日は!

「ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?」3話

を紹介するぞ!

巨大なおちんちんをもつ弟が姉とその友達たちにイタズラられる話じゃ!

心してネタバレを読むのじゃぞ!

▼気になるものは先回りして▼
▼下記より無料立ち読みじゃ▼
101015170_BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?※スマホ専用

 

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 3話 ネタバレ

「何、ウチの弟の童貞奪ってんだよ!」

チンポの先端だけ入れる約束であったのに、

ナオ君の巨大なチンポが気持ち良すぎて

巨大なチンポを根元まで咥えこんでしまった渚。

「今から抜くから、そんなに怒んなくても・・・」

腰を浮かせナオ君の巨大なチンポを抜こうとした瞬間。

ズンズンズンズンズンッ

渚の下になっているナオ君が、急に腰を動かし始めたのであった。

「い、嫌だ!」

「ボクもうっっ」

「我慢できないっっっっ!」

ナオ君の巨大なチンポは渚が跨っておマンコを挿入したことによって制御が効かなくなっていた。

101015170_BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?(話追加版LP)※スマホ専用

お姉さんである年上ギャルのおマンコは、

オナホールよりも断然気持ちが良くて、

ナオ君の巨大なおチンポはおマンコから離れたくないようであった。

ナオ君は寝そべりながら腰を上下に揺らして気持ちが良くなっていた。

「あ・・・すごいっっ・・・」

「圧迫感がすごくて、奥まで届くっっ」

渚も自らの腰を動かして、快感に身をゆだねることにした。

「今までのチンポの中でっ」

「1番、気持ちいいっ」

渚の締め付けてくるおマンコの中で、

ナオ君は人生で一番の射精を経験した!

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 3話 感想

エロエロヤンキーの渚ちゃんに挿入されるとは・・・

なんともエロい展開に将軍でもあるわしもビックリしたぞい!

しかも、年上のヤリマンビッチのギャルが上に乗る強制騎乗位♡

最高じゃの♡

ワシもたまには、小麦色に焼いたビッチのギャルとセックスをしてみたいものじゃ。

最近は、悲しいかなオナホールで自分を慰めているまでじゃw

まぁ砂金のオナホールは性能もよくておマンコよりも大差はないのじゃがな・・・(完全に負け惜しみ・・・)

▼無料は立ち読みは下をタッチじゃ!▼
101015170_BookLiveコミック【AC】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?※スマホ専用