夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~ 13話 ネタバレ

ワシじゃー将軍じゃー

このサイトは皆のものが!

「朝でも昼でも夜でもスマホでこっそりオナニー」

が出来るように、将軍が直々に皆のために抜けるエロ漫画を厳選して紹介するぞ!

本日は!

「夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~」13話

を紹介するぞ!

タイトル通り寝取られモノじゃ

2018年の夏にコミックサイトでも安定して人気のある作品なので抜きごたえのある作品じゃ!

心してネタバレを読むのじゃぞ!

▼気になるものは先回りして▼
▼下記より無料立ち読みじゃ▼
101022780_BookLiveコミック【AC】夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用

夫は獄中、一方妻は… 13話 ネタバレ

前回の面会日から約3ヶ月・・・

碧衣は再び刑務所に足を運んでいた。

自分の夫に面会に行くためであった。

「塀の中にいる男のことなんて忘れちまったてか?」

と自分の夫に嫌味を言われる碧衣。

「バイトが忙しく時間がなかったの」

と返答する碧衣。

しかし、碧衣の服装はいつもと違っていた。

真珠のネックレスを首から下げ、

やけに肌を露出したワンピース・・・

ワンピーズの丈は短く、下着は見えそうであった。

101022780_BookLiveコミック【AC】夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用

「感じかわったな」

とそっけなく碧衣の夫は言った。

「バイトを頑張って買ったのよ」

と碧衣は返答する。

露出が多くなり色っぽくなった碧衣の姿を見て夫はムラムラし、

いきなり!

「そのアザはどうした?」

と大きな声で言い始めた。

碧衣の首には赤いアザがあった・・・

そうキスマークである♡

その、首のアザを何たるかを察した夫は、

「まさか、キスマークじゃないだろうな?」

と碧衣に尋ねるが、

「蚊に刺されただけよ」

とそっけなく夫をかわした。

101022780_BookLiveコミック【AC】夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用

先ほどの、夫の大声によって刑務官によって面会は中止となった・・・

「待ってくれ!」

「まだ、シテナイ・・・」

と息を荒げ夫はチンポを握りしめていた。

101022780_BookLiveコミック【AC】夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用

刑務所からの帰り道、碧衣は、

派手な格好で面会に行ったことを後悔する。

「でも、私頑張ったの」

と大家のドラ息子とのセックスを回想する・・・

自宅に戻ると玄関先には、大家のドラ息子がチンポを勃起させ待っていた。

「さぁ・・・今日も頑張らなくちゃ・・・」

と心の中でつぶやき、大家のドラ息子の抱擁を受け入れた。

夫は獄中、一方妻は… 13話 感想

ワシじゃー将軍じゃー

なんか、碧衣の旦那の本性が見え隠れしとるのぉ・・・

ちょっと感じが悪いぞい???

それにしても、なぜ碧衣も派手な格好で面会にいくなかのぉー

そりゃ感づかれるぞw

それも、大家のドラ息子からの責め苦は続くのじゃ今後の展開はどうなるんじゃ?

なかなか展開が読めなくて楽しみじゃのぉー・・・

▼無料は立ち読みは下をタッチじゃ!▼
101022780_BookLiveコミック【AC】夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用