夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~6話 ネタバレ

ワシじゃー将軍じゃー

このサイトは皆のものが!

「朝でも昼でも夜でもスマホでこっそりオナニー」

が出来るように、将軍が直々に皆のために抜けるエロ漫画を厳選して紹介するぞ!

本日は!

「夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~」6話

を紹介するぞ!

タイトル通り寝取られモノじゃ

2018年の夏にコミックサイトでも安定して人気のある作品なので抜きごたえのある作品じゃ!

心してネタバレを読むのじゃぞ!

▼気になるものは先回りして▼
▼下記より無料立ち読みじゃ▼
101022780_BookLiveコミック【AC】夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用

夫は獄中、一方妻は… 6話 ネタバレ

「学校は?」

と碧衣は大家のドラ息子に尋ねた。

「そんなのサボりに決まってる」

と言いながら大家のドラ息子は碧衣にいきなりキスをした。

それも、下品なきすシュチエーションなどなく自分がしたいときに相手の事など考えないキス・・・

そして、舌を下品に絡ませちゅぷちゅぷと碧衣の唇を舐めまわしながら・・・

「奥さんももうバイト行かなくていいんだからな」

と言い放った。

普通の女であったならばすぐさま抵抗しはねのけていることだろう・・・

しかし、碧衣は素直に大家のドラ息子に押し倒された。

そして、滝疲れてもなお大家のドラ息子の激しいキスは続いた。

101022780_BookLiveコミック【AC】夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用

二人は唇を話すと下品な唾液が糸を引いていた。

そして、碧衣は大家のドラ息子を見下すかのように言った。

「するなら早くしなさいよ。もしかして童貞なの?」

と挑発した。

「うん、ボク童貞」

と大家のドラ息子はあほらしく答え、

「やべぇ、めちゃタイプだ・・・」

と思うのであった。

「安っぽいボディソープの匂いが堪らなくて・・・」

と大興奮の大家のドラ息子。

碧衣の身体の隅々までペロペロし、

胸、足の指、そしておマンコ♡

碧衣は大家のドラ息子に好きなようにされて

「気持ち悪い!」と思いそして胸中では

「貴方…ごめんなさい」

と贖罪の念に駆られるのであった。

101022780_BookLiveコミック【AC】夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用

 

 

夫は獄中、一方妻は… 6話 感想

このドラ息子はとんでもないやつじゃのあぉー

今回は、ついに碧衣が好き放題されまくるぞ・・・

大家のごら息子の責めはねっとりしていて気持ちが悪いのぉー

しかし、好みのおなごを好き放題出来るのは最高じゃ!

碧衣も本心ではないとは思うがここは耐えて大家のドラ息子に身を預けるしかないのかのぉー

次回の7話は衝撃那展開が待っているぞ!心して待たれよ!

▼無料は立ち読みは下をタッチじゃ!▼
101022780_BookLiveコミック【AC】夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用