姉はヤンママ授乳中in実家10話 ネタバレ

このサイトは皆のものが!

「朝でも昼でも夜でもスマホでこっそりオナニー」

がこっそりしっかりオナニーが出来るように、

将軍が直々に皆のために抜けるエロ漫画を厳選して紹介するぞ!

本日は!「姉はヤンママ授乳中in実家」10話を紹介するぞ!

電子コミックサイトにて連続で1位常連の話題作じゃ!

エロエロの姉と弟のセックスは必見じゃ!

▼気になるもには先回りして▼
▼下記より無料立ち読みじゃ▼
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

姉はヤンママ授乳中in実家10話 ネタバレ

子ども用のビニールプールを用意している拓也。

そのビニールプールには極小のビキニ姿のアイカがデーン風呂にでも浸かるように浸っていた。

「かーちゃんせまーい!」

と、早速息子のダイキが駄々をこね始めていた。

あくまでも子供用のビニールプールをアイカが独占していた。

「ダイキが可哀そうだろ。せっかく用意したのに・・・」

アイカは久しぶりのプールを堪能していた。

更に、拓也をパシリにしてノンアルコールビールを買ってきてとお願いしていた。

拓也はやんわりと姉の注文をことわり、

代わりに肩でも揉むよとアイカの両肩に手を添えた。

「気が利くじゃーん♪」

とアイカが言ってる側から、拓也はアイカの・・・

プルンプルンの大きなおっぱいを揉み始めた!

「ちょ!!ちょっとタク!!??」

ビニールプールに浸かるアイカの後ろから大きなプルプルのおっぱいを揉みまくる拓也。

「重たくて疲れるっていつも言っているからこっちを揉んでやるよ!」

拓也がおっぱいを揉む手に感じたのかアイカの口から甘い声が漏れ始めた。

「タク兄がカーちゃんにエロい事をしてる~」

拓也はダイキの言うことを・・・

「これはマッサージ、おっぱいマッサージってやつだよ、な!?」

とダイキの言うことを適当にかわし、アイカに言いか着せた。

そして、拓巳に悪だくみが生まれたのかダイキにマッサージを手伝えと言った。

ダイキの手には水鉄砲!

そして、拓也はダイキにアイカのおっぱいめがけて水でっぽを発射しろと命令した。

ダイキは、アイカのプルプルのおっぱいの先端めがけて水鉄砲を発射した!

勢いよく発射された水鉄砲はアイカの乳首を直撃し、

アイカは身体を震わせて、実の息子によってイカされてしまった。

▼無料立ち読みは下をタッチじゃ!▼
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

姉はヤンママ授乳中in実家10話 感想

将軍じゃー

今回はなんちゅう展開じゃー

プールでセックスをするかと思いきや!?

なんと、アイカの弟と実の息子の息子による性的マッサージ♡

しかも最終的なフィニッシュは水鉄砲とは・・・

それでイッしまうアイカは本当にドスケベな女じゃのぉー

次回は「姉はヤンママ授乳中in実家」の最終回を紹介するぞ!必見じゃ!

▼無料立ち読みは下をタッチじゃ!▼
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用