姉はヤンママ授乳中in実家8話 ネタバレ

このサイトは皆のものが!

「朝でも昼でも夜でもスマホでこっそりオナニー」

がこっそりしっかりオナニーが出来るように、

将軍が直々に皆のために抜けるエロ漫画を厳選して紹介するぞ!

本日は!「姉はヤンママ授乳中in実家」8話を紹介するぞ!

電子コミックサイトにて連続で1位常連の話題作じゃ!

エロエロの姉と弟のセックスは必見じゃ!

▼気になるもには先回りして▼
▼下記より無料立ち読みじゃ▼
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

姉はヤンママ授乳中in実家8話 ネタバレ

「タク兄ちゃんとはいるんだったら、入る」

泥遊びをしてきたのか、家に戻ってきたダイキが言った。

リビングでセックスをしていたアイカと拓也は慌ててセックスを切り上げて、ダイキを風呂に入れることにした。

アイカと拓也とダイキの3人でのお風呂♪

風呂に入りアイカがダイキの髪をシャンプーしていると、

拓也はアイカをバックからチンポを挿入した。

「信じられない・・・この状況でマジで入れるとかっ・・・」

「大丈夫だって、ダイキはシャンプーで目を開けなられないし・・・」

先ほどまでリビングでセックスをしていたアイカと拓也は、セックスが最後までできなかったので風呂場でセックスを始めてしまった。

アイカの方は口では拒否するが下のお口のおマンコは断ることはなくすんなりと拓也のデッカイチンポを受け入れた。

アイカと拓也のセックスの声がダイキに聞こえるが、それを何とかごまかしセックスを続ける二人。

この日はなんとアイカの危険日で、アイカは拓也に

「絶対に中に出すなよ!?」

とくぎを刺した。

プルンプルンで肉付きも程よくしっかりと張りのあるおしりのエロエロボディのアイカ。

危険日ということで拓也のデッカイチンポがアイカの子宮口にあたり。

アイカを更に快感に導いていった。

(他の女だったらそく種付けするのに・・・)

子宮口にチンポの先っぽをグリグリを押し付ける拓也。

アイカのエロい声がドンドンと大きくなってい行く。

かあちゃん・・・タク兄と何をしているの?

と、シャンプーで目が開けられないダイキがアイカに言った。

「身体を洗ってもらってるの、それが気持ちいいのよ!」

と自らの感じている声がバレないようにアイカが言った。

アイカが感じている声は、子供にとっては変な声に聞こえてきゃきゃとダイキはその声を楽しんだ。

そして、拓也はアイカの忠告を無視して危険日のおマンコの中に大量の精子を大放出した。

そして、風呂から上がった拓也にアイカからとってもいい提案をされた。

▼無料立ち読みは下をタッチじゃ!▼
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

姉はヤンママ授乳中in実家8話 感想

将軍じゃー

それにしてもこの二人は、

息子の前でセックスをするのが好きじゃのぉー

普通の家庭でこんなことをしていたら真っ先に家庭が大崩壊じゃ!

今回の場面は風呂場!

これは息子がいなかったらそのままソーププレイになっていたぞ!

風呂場で立ちバックでセックスなんて最高じゃな!

それにしても風呂上がりに出されたアイカからの提案が気になるぞ!

次回も、楽しみじゃのー

▼無料立ち読みは下をタッチじゃ!▼
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用