姉はヤンママ授乳中in実家6話 ネタバレ

このサイトは皆のものが!

「朝でも昼でも夜でもスマホでこっそりオナニー」

がこっそりしっかりオナニーが出来るように、

将軍が直々に皆のために抜けるエロ漫画を厳選して紹介するぞ!

本日は!「姉はヤンママ授乳中in実家」6話を紹介するぞ!

電子コミックサイトにて連続で1位常連の話題作じゃ!

エロエロの姉と弟のセックスは必見じゃ!

▼気になるもには先回りして▼
▼下記より無料立ち読みじゃ▼
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

姉はヤンママ授乳中in実家6話 ネタバレ

真夜中・・・

拓也はアイカの寝室に侵入した。

こっそり忍び足で部屋を徘徊する拓也。

何をしようかというと・・・アイカを夜這いしようとしているのであった。

「姉貴!」

静かに寝息を立てているアイカにそろりと近づく拓也。

アイカに近づくと、アイカの服を脱がそうとする拓也。

「眠れないのダイキ?」

とアイカが振り向くとそこには拓也がいた。

「ちょっと・・・あんたまさか???」

「姉貴、俺はもう我慢できないんだよ・・・わかるだろ!!!」

「あんた・・・何やってるか分かってんの!?」

「騒ぐなよ、子供たちが目を覚ましちゃうよ・・・」

いくら何でも、子供の側ではまずい・・・

「姉貴の身体の気持ちよさをしったら・・・」

「もう我慢できない!!」

すでに性欲が抑えられなくなってしまっている拓也。

アイカは、それを察してか、

「・・・子供たちが起きないように、声だけは出さないでよ!!」

静かな声でアイカが拓也に言い聞かす。

アイカは拓也に身体を許した。

「・・・姉貴のおマンコ!!」

姉とセックスが出来るのに喜んだ拓也は大興奮♡

にゅるずぷぷぷぅぅー

拓也のデッカイおチンポがアイカの濡れ濡れのおマンコに深く挿入された。

アイカの方もすでに拓也のチンポを待ち望んでいたのかすんなりと拓也のチンポを受け入れた。

拓也はデッカイチンポでアイカのおマンコをしっかりと出し入れした。

激しくアイカのおマンコを突いてパンパンパンとアイカにピストンし、

「んんっ、おい強く突くな」

「子供たちが、起きちゃうでしょうが!!」

流石に、子供とは家で姉弟でセックスをしているところを見せるわけにはいかない。

何とか、興奮気味の拓也を落ち着かせるしかない。

しかし、アイカは激しい拓也の攻めに感じてしまい、自らの欲望に勝てなかった。

セックスの最中にチンポの感触に違和感を感じたアイカ。

「ちょっとあなたゴムつけてる?」

「!?」

もちろんノーヘル(ゴムなし)で夜這いに来た拓也。

アイカの言葉はすでに耳には入らず、自らの快感に酔いしれた。

次第に拓也の息遣い激しくなり・・・

「姉貴、もう・・・」

そして、拓也は大量の精子をアイカの膣内に射精した♡

▼無料立ち読みは下をタッチじゃ!▼
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

姉はヤンママ授乳中in実家6話 感想

将軍じゃー

なんと今回の展開は『夜這い』じゃ!

こんな展開はわしにも様出来なかったぞ!

それにしても、前回でゴムはしっかりつけるように約束したのに、

早速その約束が破られてて度肝を抜かれたワイ。

しかもしっかり実の姉に中出しまで決めるとは男のかかみじゃ!

次回の7話もどんなエロい展開が待っているかたのしみじゃのー

▼無料立ち読みは下をタッチじゃ!▼
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用