姉はヤンママ授乳中in実家4話 ネタバレ

このサイトは皆のものが!

「朝でも昼でも夜でもスマホでこっそりオナニー」

がこっそりしっかりオナニーが出来るように、

将軍が直々に皆のために抜けるエロ漫画を厳選して紹介するぞ!

本日は!「姉はヤンママ授乳中in実家」4話を紹介するぞ!

電子コミックサイトにて連続で1位常連の話題作じゃ!

エロエロの姉と弟のセックスは必見じゃ!

▼気になるもには先回りして▼
▼下記より無料立ち読みじゃ▼100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

姉はヤンママ授乳中in実家4話 ネタバレ

実の姉のセックスをしてしまった拓也。

姉とのセックスの相性が良すぎて欲望が止まらない!

家だろうが子供がいようがお互いの欲望には逆らえない。

むしろ2人を更にセックスの渦に引き込んでいた。

真夜中・・・

拓也は寝ているアイカのデニムを無理矢理下ろして、巨大チンポを入れようとした。

隣にはアイカの赤ん坊がまだ目を覚ましていた。

アイカは子供を寝かしつけてからと言い聞かせるが、

すでに臨戦態勢になっている拓也には耳には入っていなかった。

拓也は、そんなアイカを無視しつつ巨大なチンポをアイカにねじ込んだ。

100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

 無理矢理、チンポを挿入されたアイカであったがすでにおマンコはビチョビチョの濡れ濡れ状態であった。

拓也の腰使いがどんどんと激しくなり前後に腰を振りアイカを攻め続けた。

もう、気持ち良すぎて拓也は腰を振り続けるしかなかった。

アイカも拓也の激しいピストンに次第に感じていった。

気持ちいいと喘ぎ声をあげたいが、子供がいるため声を押し殺した。

パンパンパンパンパンッと

部屋には肉と肉がぶつかる卑猥な音がむなしく響いた。

アイカは子宮の奥に拓也に亀頭が当たり、更に感じて行った。

子供は寝かしつけようともそれどころではなくったしまっていた。

100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

(気持ちが良すぎるんだよ・・・ちくしょぉぉぉ)

アイカは拓也のチンポに感じまくり、拓也のチンポが気持ちいいことを心の中で拓也のチンポの良さを認めた。

そして、拓也はアイカが感じマックているのを見てアイカのおマンコの中に大量の精子を中出しした。

びゅーーーーーびゅびゅび・・・

赤ん坊が寝ている横で、大量の精子がアイカの中に大放出された。

アイカはセックスが終わっと後に拓也に・・・

「次はちゃんとゴムをしなさいよ・・・」

と少し怒られたが・・・・

『次』があるのを期待した♪

100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

姉はヤンママ授乳中in実家4話 感想

将軍じゃー

なんと、拓也からの夜這いとは恐れ入ったわい。

しかし、男女というのは燃え上がってしまったら。

行きつくのは、後はセックスだけ!

なぜか!?

気持ちいからじゃー!

これが姉弟でも変わらないんじゃろうな・・・

5話の展開もたのしみじゃのー

▼無料立ち読みは下をタッチじゃ▼100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用