姉はヤンママ授乳中in実家1話 ネタバレ

このサイトは皆のものが!
「朝でも昼でも夜でもスマホでこっそりオナニー」
がこっそりしっかりオナニーが出来るように、
将軍が直々に皆のために抜けるエロ漫画を厳選して紹介するぞ!
本日は!「姉はヤンママ授乳ちゅin実家」1話を紹介するぞ!
電子コミックサイトにて連続で1位常連の話題作じゃ!
エロエロの姉と弟のセックス必見じゃ!
▼気になるもには先回りして▼
▼下記より無料立ち読みじゃ▼
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

姉はヤンママ授乳中in実家1話 ネタバレ

姉の授乳中の姿がエロすぎる、衝撃の話題作ここに降臨!

25歳のヤンママのアイカは次男を産んだのをきっかけに子育ての為に実家に帰省していた。

「タクなみ~今日、学校ないの?」

莉美愚のソファーに寝ころびながら、

次男におっぱいを授乳中の姉のアイカは・・・

拓也が授乳中のアイカを見やると。

「あ・・・」

「今、おっぱい見たでしょ!」

100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

アイカは家族がゆったりするためのリビングで恥ずかしげもなくおっぱいをモロ出しにして次男に授乳をしていた。

弟の拓也は、そんなアイカのおっぱいが気になって仕方が無かった。

とどのつまり授乳中のアイカの姿に興奮をしていたのであった。

「アンタも飲む?」

赤い顔をしている拓也をからかうアイカ。

アイカがおっぱいを丸出しにするのは授乳中以外の時でもあった。

長男のダイキを風呂から上げると、身体を吹くのを嫌がり走り回るダイキをおっぱい丸出しで走り回るアイカ。

ぷるんぷるんっと
走るたびにアイカの白くてピンクの乳首のおっぱいがゆれるのであった。
「ふぅ・・・」
姉弟とはいえ、男の弟の前でもおっぱいを丸出しにする姉に拓也は辟易していた。
「結婚前もガサツだったけど今も変わらないな・・・」
「でも・・・」
「昔よりも色気が出て来たな・・・」
「これが人妻の魅力というやつか・・・」
彼女と別れて三か月になる拓也。
「姉弟でこんな事はダメだ・・・」
と心に言い聞かせるが、姉の裸を見てすでに股間は膨張していた。
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用
数日後・・・
友達との飲み会から返ってきた拓也。
家のリビングには明かりがついていた。
「誰が起きてるんだろう・・・」
リビングを除くと。
「あっタク~!おかえり~!」
子どもを寝かしつけて、一息ついたアイカが、
一人でビールを飲んでほろ酔い状態で拓也に話掛けて来た。
「ほどほどにしとけよ!」
「授乳する母乳にアルコールが入ったら大変だろ・・・」
拓也はアイカに注意をして、部屋に戻ろうとする。
「1杯くらい付き合ってよぉ~」
と、絡み始めるアイカ。
どうやら一人で飲むのもむなしいようだった。
しょうがなく拓也はアイカの酒に付き合うことにした。
「姉貴はどこでも授乳してるし、だらしないんだよ!」
「オレだって男なんだ。気を使ってよ!」
普段の姉の授乳の様子をみてアイカに注意した。
「はっ!?」
「男だって?」

「タクヤが?」

100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

大学生の立派な大人になっている拓也をアイカは子供扱いした。
姉にとっては弟はいつまでたっても弟なのだ。
「あんたなんてウチん息子と同じよ!」
「男としてい見れるワケない!」
「ぷっぷっっ・・・」
「あはははははっ!」
アイカは大爆笑し、拓也の事をバカにし、そして・・・
「なんならおっぱい飲んでみる?」
と更に拓也の事をからかい続けるのであった。
「飲む・・・」
小さな声で姉の挑発に答える拓也・・・
アイカがあっけにとられていると、
「飲んでやるよ!」
「姉貴のおっぱい!」
真剣なまなざしで姉の母乳を飲むと宣言する弟。
「服をめくれよ!」
露わになったアイカのおっぱいに・・・
拓也は唇を知被けるのであった・・・

姉はヤンママ授乳中in実家1話 感想

将軍じゃ!

姉弟同士で授乳プレイとはけしからんどころかちょっと羨ましいぞ!

それにしても、アイカちゃんのおっぱいには美乳でマシュマロのように柔らかそうでおいしそうじゃのー。

揉みごたえは間違いなく最高そうじゃ!

1話ではセックスはなかったのじゃがこの二人が今後どんな展開になっていくのがこれからたのしみじゃのー

▼無料立ち読みは舌をタッチじゃ!▼
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用