姉はヤンママ授乳中in実家3話 ネタバレ

このサイトは皆のものが!

「朝でも昼でも夜でもスマホでこっそりオナニー」

がこっそりしっかりオナニーが出来るように、

将軍が直々に皆のために抜けるエロ漫画を厳選して紹介するぞ!

本日は!「姉はヤンママ授乳中in実家」3話を紹介するぞ!

電子コミックサイトにて連続で1位常連の話題作じゃ!

エロエロの姉と弟のセックスは必見じゃ!

▼気になるもには先回りして▼
▼下記より無料立ち読みじゃ▼100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用

姉はヤンママ授乳中in実家3話 ネタバレ

「あぁl・・・」

「だめだってぇっ・・・」

そふぁに押し倒されたアイカは行った。

そして拓也はアイカの下着を脱がし始めた。

 

「入った!姉貴んオマンコにっ!」

 

ビチョビチョに濡れた姉のおマンコは、

拓也の巨大なチンポをあっさりと咥えこんだ。

「あーっあーlち・・・」

アイカの旦那よりも大きな大きな弟のチンポ。

拓也が腰を少し入れただけでアイカの子宮の入口まで届いた。

「こんなので動かされたらヤバいっ・・・」

「イッちゃう・・・」

リビングの隣では、アイカの二人の息子たちが眠りについていた。

アイカは旦那以外の男のものを挿入され、背徳感を味わうのであった。

あんっあんあんっっ・・・

それでも、挿入される前からマンコを濡らしていたアイカの身体は正直で喘ぎ声がリビングに響き始めた。

「タク!今ならお姉ちゃん許してあげるから!」

気持ちよさを必死に堪えているアイカが拓也に言い聞かせるように言った。

それでも、アイカのおマンコはずぶずぶに濡れ・・・

「これなんだ。気持ちよすぎて腰が勝手に・・・」

アイカの声は、すでに姉とセックスをして大興奮の拓也には全く聞こえてなかった。

そして、拓也はもっと気持ちよくなりたくなり、腰を更に激しく動かし始めた。

「タクヤっ!」

「これじゃまるでレイプだよ・・・」

 

アイカの目には涙が溜まっていた。

「姉貴のマンコ、すげぇっ!」

「これで2人産んだなんてっ・・・!」

一心不乱に腰を振る拓也。

あまりの気持ちよさにすでにチンポを抜く気は全くなくなっていた。

そして、なんとアイカも拓也の巨大なチンポが気持ちよすぎて生かされそうになっていた。

何度も何度も腰を叩きつけられ、気持ちよくなってしまい喘ぎに喘ぎまくるアイカ・・・

「子供たちが起きちゃう・・・」

手で口を押えるがアイカの喘ぎ声は漏れすでに意味のない行動となっていた・・・

そしてアイカは実の弟にイカされてしまうので会った・・・

姉はヤンママ授乳中in実家3話 感想

将軍じゃー!

ついに!ついに姉弟の出のセックスシーンが見れてわしは感激じゃー

強気な女子を感じさせまくって自分のモノにするのはなとの爽快で興奮したぞ!

この後には、どんな展開が待っているか非常に楽しみじゃ!

次は4話を紹介するので楽しみにしておくのじゃぞ!

▼無料立ち読みは下をタッチじゃ!▼
100996270_BookLiveコミック【姉はヤンママ授乳中in実家[KATTS]】※スマホ専用