姉はヤンママ授乳中in熱海4話 ネタバレ

ワシじゃー将軍じゃー

このサイトは皆のものが!

「朝でも昼でも夜でもスマホでこっそりオナニー」

が出来るように、将軍が直々に皆のために抜けるエロ漫画を厳選して紹介するぞ!

本日は!

「姉はヤンママ授乳中in熱海4話」

を紹介するぞ!

言うまでもなく「姉はヤンママ授乳中in実家」の続編で

知っている者も多いだろう!

心してネタバレを読むのじゃぞ!

▼気になるものは先回りして▼
▼下記より無料立ち読みじゃ▼
100996270_BookLiveコミック【AC】姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編※スマホ専用

姉はヤンママ授乳中in熱海4話 ネタバレ

浴衣姿のアイカの授乳をする様子を見て大興奮する拓也。

「姉貴・・・エロすぎ・・・」

 

「なによぉ、湯上りおっぱい飲みたいの?」

拓也を挑発するかのように笑みにを浮かべるアイカは、

拓也をすでに誘惑し誘っていた。

浴衣からアイカのおっぱいがプルプルを揺れてオッパイすら拓也を誘っているかのようであった。

実家では、アイカのおっぱいを揉んで、つねって、そして吸いまくっているが、

旅先での授乳プレイはもちろん初めてである。

「家族が寝付くまで我慢して♡」

すでに拓也のチンポはギンギンで勃起していたが、アイカにお預けをされてしまった。

風呂上がりのアイカは、とてもいい匂いが漂いそれだけでも下半身は反応してしまった拓也は、夜が更けるのが待ち遠しくて仕方がなかった。

100996270_BookLiveコミック【AC】姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編※スマホ専用

「タク・・・きて・・・」

二人は家族が寝静まったのを図ったのかのように、あいびきし、そしてセックスを始めた。

アイカのおマンコは拓也が待ち遠しかったのかすでに濡れ濡れでマン汁であふれていた。

海のさざ波が響く旅館の一室でセックスをする姉弟・・・

部屋の中ではくちゅくちゅビチョビチョといやらしい音だけが響いていた。

 

それに、男女の息遣いが重なりある種のむなしさを醸し出していた。

アイカは昼間と違って声を殺して快感を表に出すのを我慢している様子であった。

もちろん、家族がいるので声を出さないだが・・・

その快感を我慢するアイカの姿をみて拓也は更に興奮したのか、拓也は更に腰を激しく動かしアイカの反応を見た。

(はっ・・・はげしいぃぃぃ・・・・声が出ちゃう・・・)

アイカは、旦那と息子そして両親にセックスがバレないように必死に喘ぎ声を出さないように懸命に我慢した。

そして、その状況で拓也のチンポを堪能して快感に溺れた。

姉はヤンママ授乳中in熱海4話 感想

将軍じゃー

女と、旅館でセックス♡

最高じゃのー

しかも今度は、声を出したくても出せない女(姉)とのセックス。

交友シチュエーションってのは堪らなくそそるもんじゃて!

見つかりそうかもしれない状況でこそこそいけない事をするってのはどんな状況でも最高じゃ!

▼無料は立ち読みは下をタッチじゃ!▼
100996270_BookLiveコミック【AC】姉はヤンママ授乳中in実家~熱海編※スマホ専用